引越し業者を比較してわかった事

これまで引っ越しは何度も経験していますが

これまで引っ越しは何度も経験していますが、自分が主体的に業者の選定を行ったのは2回。15年前と6年前です。

前者は、20キロ程、後者は、500メートル程の移動を伴う引っ越しでした。
いずれも数社見積もりを依頼して、実際に家の中まで入ってもらい、家財道具の量を計測して見積もりを出して頂きました。
業者の中には、TVで宣伝しているところもありましたが、いかんせん値段が高い。1番廉価のところと比較すると、2倍近く価格差が開いている時もありました。

値段の高いところは「うちの人間は全て社員なので、荷物の取扱いが丁寧だ」とか「梱包まで全て行います」とか「運送時に家自体にキズが付かないように十分に養生します」とか、色々な付帯サービスをアピールされました。
確かに魅力のあるところもありましたが、結局、私が選んだのはどちらも1番廉価な業者さんでした。

先ほどの高額な業者さんのアピールも気をそそられるものですが、荷物を取り扱う業者さんが通常注意すべき事柄に少し付加価値を付けているものであり、そんなことはプロとしては当たり前だと思ったからです。
実際、荷降ろしには、家財道具の運搬位置を指図する必要があり、私も家内も付き添い、運搬時の様子を見ていたので、荷物をぞんざいに取り扱うこともなく、必要十分な作業であったと思っています。
引っ越し時は色々と物入りなので、運送時も自分たちで監視できるなら、有名で高額な業者さんに依頼する必要もないと思いました。